ハサミの知識

セニングの種類
2019-07-18 (7).png
セニング

セニングの櫛刃にはいろいろなものがあります。

クシの目の数、溝の深さと櫛の形状によって、

スケる%が変わります。

根本調整用10%以下でに根元の立ち上がり・毛の毛量を減らす

中間~毛先20%~40%で毛量や髪のくせ毛を調整したり毛先をバラバラにし量を調整 

カットセニング→40~90%でカットしながらぼかす仕上がり

理美容セニングについてハサミの入れ方(角度)によりカット率が変わります

 

例えば:

40%のセニング使用 の場合

真横に切る40%・斜め30%前後・縦15%以下

毛が入った毛量でも変化するので、セニングは真横で切った基準を%で示す場合が多い

切り方や技法などで特殊な使い方をする場合それにより%が変化致します。

また、%はメーカーによって変わります。(メーカーは「これくらいかな~」、と決めています。)

大切な物は櫛刃のギザギザ(溝)を見る事です。

また、メーカーの売り込みの方にこの溝の理由を聞くと、自分にあった物を見つけられます。

 

カットセニング40%~90%

切りながら自然にぼかせるカットセニング (刈上げやラフなスタイルに適します)

美容師さんがする刈上げや子供の刈上げがとても使いやすいです。

 

カーブ・スライド

毛を滑らせるために使用するのでスライドカットとしてカーブも利用する方もいます。

櫛の刃は昔は、Ⅴ溝やフラットタイプがほとんどでしたが

最近は、片側にガードが付いているタイプが増えてきました。

Ⅴ溝の数で呼び方が変わります。

Ⅴ溝が1個=1スキ、2個=2スキ、3個=3スキ・・・

2スキ、3スキ、4スキ、5スキ
1スキ
V溝
フラット刃

ガードとなる背が高くなっている部分の役割は、

髪の毛がそこ以上ガードより右側へいかない様にして

溝に落として切る原理となっています。

残りの毛は櫛刃の隙間へ入って抜ける原理となりスムーズなスキが出来ます。

この抜けた毛をスムーズに抜く方法は ハサミ講座 で説明しています。

両クシ

両クシタイプはどちらかに溝が付いているのもと

フラットなものが

棒刃に溝があるものなどがあります。

それぞれ、Ⅴになっている溝に毛が入り切れますので、

Ⅴ溝が深ければそれだけ切れ線が入りやすい

購入時にはこれを考えて

どの様にスケるかを想像してください。

メーカーによってスケる%の表示はまちまちです。

規定がないため、メーカーは「これくらいかな~」いう感じでと表示しています。

クシ刃の方は(Ⅴ溝がある方)

普通は研ぎません。

理由は、溝部分が研ぎによってなくなって

ハサミメーカーがスケル%をねらって作ったスキの機能をうしなってしまいます。

当店では、クシ刃を

特殊な方法で刃付けするので刃がすり減りません。

自分のスキバサミを見てください。

たまに、これを知らない研ぎ師が

クシ刃を普通に研いでⅤをなくしてしまっている物があります。

ですので、新品の時より

スケなくなったな~(%が変わった)と

思う時は、残念ながらやられてしまったと思ってください。

溝は新しく作り直す事は困難ですので

フラットな面にして質感調整用に使うのが良いと思います。

当店で直すことが出来ます。

スキバサミは大変繊細なハサミです。

嚙み合わせが悪ければ切れません。

刃の角度も大切です。

カットバサミと同じに考えると

永切れがしません、

しかし鈍角すぎても

切れが鈍くて開閉重く感じます。

スキバサミの刃は

笹刃の物が多いです。

理由は逃がしながら切るからです。

そうすることにより優しいラインや

スケる%を調節でき

開閉が楽になるからです

こういった原理はストローカットのハサミに似ています。